読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変わり者妻のジャカルタ徒然草

ジャカルタに来てから約1年半。 日々の生活で感じる、日本との文化の違いや新鮮、斬新に感じること等の備忘録として。また、快適に暮らすために今まで考えてきたことを書き起こし、少しでもお役に立てたらと思い。

頼りにしてる皮膚科 in ジャカルタ

1人目の時は、子供が寝てる間、どこでもいいから目を閉じて、なんだかんだで少しは体力を回復させることが出来ました。

でも2人目だとそうはいかない。
下の子が成長する間、当然上の子も成長するわけで。
 
しかも、上の子は食事から言葉から社会性から色々学ぶ大切な時期。これらは、シッターさんに任せるわけにはいきません。
なので、下の子が寝てる間は全て上の子のための時間です。
 
で、疲れが出てるのか、ホルモンバランスが乱れてるからなのか…
顔に湿疹が出てしまいました。
オロナイン塗ってみたけど全然効かない。まるでアトピーのようになってしまったんです。
 
で、向かった先は、
SOSチプテのDr.Eraの所。
 
シミ取りや、独自のスキンケア製品を出してることで有名な、Erhaクリニックの先生なので、名前聞いたことある方も多いのでは?
 
 
私、彼女の治療の仕方がお気に入りなんです。
説明が丁寧だから
 
例えば、
ステロイドの使い方。
 
日本だと、大した説明も無く、ステロイドの塗り薬を渡されることが多い気がします。
だから、酷いとリバウンドして、
ステロイド=恐い、悪
のイメージになりがちです。
 
でもDr.Eraは、わざわざメモ用紙に使用法を書いてくれます。
「まずは毎日、5日目からは1日置き、10日目からは3日置きにして…。
少しずつ減らしていけば、ステロイドはリバウンドしないから。」
 
ステロイド以外のスキンケアでも、
「この薬は、最初の1週間は毎晩ね。次の1週間は2日置き。その後は週末だけ使って。」
などなど。
とにかく細かくスキンケアのスケジュールを立ててくれます。
 
実際ステロイドは、自己判断で使用停止したり、症状が治まったからといって使用停止する物では無いようです。使用法に注意が必要なわけですね。
 
今回の診断は、予想通り、
産後のホルモンバランスの変化。
ということで、弱〜いステロイド剤を処方され、上記のような説明をされました。
 
もちろん、私が弱いステロイドしか処方されてないせいもあると思いますが…おかげでリバウンド無く湿疹も良くなりました。
 
 
強いて短所を挙げるなら、
処方してくれるクリーム等が大抵取り寄せになるので、その日のうちに貰えないことでしょうか。
処方してくれる物の中には、Erhaの物もあります。
しかも、治療の場合は保険効くので、うちらはお代を払わなくて済むという(笑)
 
美容目的に該当する場合は保険適用になりませんので悪しからず。その場合は、SOSに行くのではなく、Erhaクリニックに行くべきですね。
 
もちろん、合う合わないあると思いますが…
私は、ジャカルタに来たばかりの頃に先生のお世話になり、それで、
「ジャカルタの医療、思ったより悪くないな。」
と、ジャカルタの医療に関して前向きになれるキッカケをくれた先生でもあるので、なんか特別な存在です。
 
 
 
 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ランキングに参加しているので、クリックして頂けるととても嬉しいです。

http://overseas.blogmura.com/jakarta/ranking.html