読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変わり者妻のジャカルタ徒然草

ジャカルタに来てから約1年半。 日々の生活で感じる、日本との文化の違いや新鮮、斬新に感じること等の備忘録として。また、快適に暮らすために今まで考えてきたことを書き起こし、少しでもお役に立てたらと思い。

ジャカルタで妊娠 その4 切迫早産危機!?

妊娠 ジャカルタの病気・医療

こんにちは。

今回は、妊娠中に起こったトラブル&セカンドオピニオンの必要性の話です。

 

過去記事はこちら↓

ジャカルタで出産!? その1 キッカケ - 変わり者妻のジャカルタ徒然草

ジャカルタで出産!? その2 医者選び - 変わり者妻のジャカルタ徒然草

ジャカルタで妊娠 その3 妊娠初期の血液検査@SOS Cipete - 変わり者妻のジャカルタ徒然草

 

安定期に入った頃。

いつもの先生はクリスマス休暇で休みだったため、別の病院に定期検診に行きました。

 

医師1。

診察はめっちゃスピーディー、5分程で終了。内診も無し。

しかし、結果に気になる点があり、質問したものの、

「この値なら大丈夫!」

と言われ。

 

でも、どうしても気になり、セカンドオピニオンで別の病院に…

医師2。

「これはマズイ!!切迫早産だ!今すぐシロッカー手術した方がいい!」

(シロッカー手術とは、赤ちゃんが出てくるのを食い止めるために、子宮口付近を縛る手術です)

と言われ。

 

正直かなり動揺しました…

 

その夜、入院・手術可能な病院に行き、再検査。

しかし診察結果は、

 

医師3。

「切迫早産じゃないですよ。全く問題ありません。」

と言われる。当然手術も無く帰る。

 

ますます混乱…

私は誰を信じればいいのか!!??

 

結局、セカンドならぬ、フォースオピニオン。

「Jakarta Weman and Children Climic」の、友人何人かに薦められた先生「Dr.Robert」に診てもらうことにしました。

 

で、医師4。

「問題無いですよ。至って順調です。」

 

ようやくホッとしました…

 

このドタバタで得た教訓

1 病院では無く、医師で評価しよう

(評価が高い病院=全ての医師が優秀、とは限らない)

 

2 自分でも予めリサーチしておく。出来る検査はちゃんとやってもらう。

いくら通訳があっても、母国語じゃないと細かいニュアンスまでは伝わらなかったりするし、日本のやり方・判断基準と違うこともあるから。

 

3 友人の口コミは貴重。名前の挙がらない医師の所には行かないくらいの姿勢でいた方が安心かも。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ランキングに参加しているので、クリックして頂けるととても嬉しいです。

http://overseas.blogmura.com/jakarta/ranking.html