読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変わり者妻のジャカルタ徒然草

ジャカルタに来てから約1年半。 日々の生活で感じる、日本との文化の違いや新鮮、斬新に感じること等の備忘録として。また、快適に暮らすために今まで考えてきたことを書き起こし、少しでもお役に立てたらと思い。

ジャカルタで妊娠 その1 キッカケ

子供が1歳過ぎた頃。

インドネシア人を筆頭に、周りから

「そろそろ2人目だね~」

と盛んに言われるようになりました。

 

たしかに、子供2人欲しいとは思っていましたし、タイミングとしては良いのかもしれませんが、

2、3年で日本に本帰国する予定になっていることもあり、少し間空いてしまうけれども、周りには

「日本に帰ってからかな~」

と話していました。

 

でも、ジャカルタで出産を経験した欧米人の方から言われた一言で、気持ちに変化が!!

 

「ジャカルタの医療は、意外と問題無いと思うし、海外で出産するって、とても貴重な経験よ。

それに、日本に帰ってからだと、メイドさんもシッターさんもいないし大変じゃない?こっちで産んだ方が絶対楽だと思うけどなぁ。」

 

目からウロコでした。

たしかに、日本での出産を実際に想像すると、出産自体は日本での方が安心できるけども、

妊娠中思うように動けない時に、上の子の相手をしなければいけない。

家事も自分でやらないといけない。

幼稚園は基本的に3歳からでないと入れない。働いてないから保育園という選択肢も無いし…

更に、2人目が産まれたらどうなっちゃうの??1人目の時でも大変だったのに…。

親からのヘルプが受けられる環境にはありますが、さすがに毎日毎日は無理ですしね。

 

一方、ジャカルタでの出産の問題点は、医療面が気になることと、言語面少々。

 

メイドさん、シッターさんの扱いにも既に慣れているし、

1歳半から通えるプレスクールもとても充実してるから、妊娠中や産後はとても助かる。

旦那と離れる必要もありませんし、出産前後は親も来るだろうと。

 

医療面についても、インドネシア人の友人は当然ジャカルタで出産しているし、

日本と同等・それ以上であろうヨーロッパの友人達も、結構ジャカルタで出産を経験していて。(インドネシア⇔ヨーロッパ間は移動が大変な事も大きいですが)

それなら私も大丈夫ではないか?と思うようになり。

 

それで、

「可能なら、ジャカルタにいるうちに出産したい。」

と考えるようになったのです。

 

 

……で、時は過ぎ。

 

無事に妊娠・出産しました!!!

 

実は、ジャカルタ生活において、ブログを始めるつもりは無かったのですが、

妊娠したのをキッカケに、

「妊娠・出産を含め、ジャカルタで経験したことや、私が知ってる範囲の情報が役に立てたら。」

と思うようになり、ブログを始めた次第です。

 

いつものような投稿+出産までの道程も少しずつ更新していこうと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ランキングに参加しているので、クリックして頂けるととても嬉しいです。

http://overseas.blogmura.com/jakarta/ranking.html