読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変わり者妻のジャカルタ徒然草

ジャカルタに来てから約1年半。 日々の生活で感じる、日本との文化の違いや新鮮、斬新に感じること等の備忘録として。また、快適に暮らすために今まで考えてきたことを書き起こし、少しでもお役に立てたらと思い。

困った時はシンガポール? 〜ジャカルタの医療〜

知人がまさかの骨折。

なので手術が必要なわけですが、

場所はもちろんジャカルタで…

ではなくてお隣シンガポール!!!

 

実は、ジャカルタの病院では手に負えない等の事情がある場合、シンガポールに搬送されることがたまにあります。

もちろん、ジャカルタの医療も進歩しているとは思うのですが、

それでもシンガポールはそのずっと先をいってるわけですね。

 

色々な人から話を聞く限りだと、

どうやらジャカルタの医療は

 

外科に弱い

 

みたいで…

 

ジャカルタで骨を繋ぐと危険とか、そんな噂を耳にしたこともあります。。。

皆様、ジャカルタ生活ではくれぐれもお怪我に気を付けて下さいね。

 

一方、デング熱やアメーバ赤痢等、ジャカルタあるあるな病気達は、ノウハウがちゃんとしてるのか、日本人が聞くとめちゃめちゃ重症そうな病にも関わらず、ちゃんと対処してる印象があります。知り合いが何人かデング熱にかかりましたが、ジャカルタでの入院や自宅療養で完治していました。

 

医者によって大きく違うのも特徴的ですね。

日本でも、近年は医者の評価で選ぶ人が増えてるイメージですが、まだまだ「家から近い」という理由でかかりつけ医を選ぶ人も多いのではないでしょうか。

ジャカルタでは、病院の名前も大事ですが、医者の評判・実績等で選んだ方が確実だと思います。

不安だったら、セカンドオピニオンも大事です。

 

こんなこと書いてると、ジャカルタ生活が不安と言う方が出てきそうですが…

私が実感する限り、基本的には大丈夫なのであまりご心配なさらずに。

インドネシアはまだまだ発展途上国なわけですから。その割にはしっかりしていると思います。日本や欧米で修行を積まれた医者も結構いますし。

 

でもやはり、日本の医療が一番日本人に合ってるとは思うので…

病院に行かなくて済む様、日頃から気をつけるのが一番ですね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ランキングに参加しているので、クリックして頂けるととても嬉しいです。

http://overseas.blogmura.com/jakarta/ranking.html