読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変わり者妻のジャカルタ徒然草

ジャカルタに来てから約1年半。 日々の生活で感じる、日本との文化の違いや新鮮、斬新に感じること等の備忘録として。また、快適に暮らすために今まで考えてきたことを書き起こし、少しでもお役に立てたらと思い。

日本からのプレゼントにご注意を 〜恐ろしき税関〜

"孫はかわいい"

きっと、世の中のおじいちゃんおばあちゃんは誰しもが思っているはず。


だから、何かしてあげたくなっちゃうのでしょうか。


以前、義母から

「デパートで可愛い服を見つけたから、ジャカルタに送りました。」

と連絡がありました。

完全に不意打ちでした。

義母からしたら、可愛い孫のため、そして"海外に物を送ってみたい"と言う好奇心もあったのでしょう。

初めてEMSを使ったそうです。


しかし!これが完全にありがた迷惑に…


通常、EMSだと4日〜1週間あれば届くのですが、今回は全く音沙汰なし。

3週間後くらい経って郵便受けに恐怖のペラ紙を発見…

「税関引っかかったから、郵便局まで取りに来てねー。金額は1juta(約1万円)也」

まぁ、要約するとこんな感じの手紙が来ます(涙)

EMSの、品物・金額欄にバカ正直に書いてしまい、しかも中身は明らかに新品の衣類…

まんまと税関に引っかかり、

日本円にして約1万円払わされました…そう、中身の衣類とほぼ同額です。

しかもサプライズプレゼントなので、残念ながら全く必要無い物ばかり。。。

でも放置すると処分されてしまうそうで、それも微妙なので結局1万円相当払って引き取りました。

折角、百貨店のお高い服達を頂いたのに、それらを見る度に税関のことが頭をよぎり、曰く付きの品々になってしまいました(苦笑)


インドネシアは輸入物に厳しいようで…

よっぽど日本からの物が必要で無い限り、送ってもらわないようにしています。送ってもらう時は、色々対策をしてもらってます(笑)おかげで、今まで数回送ってもらいましたが、税関に引っかからずに済んでます。

プレゼントも、気持ちは嬉しいけどお断りしています。

その代わり、一時帰国や、日本から親や友人が来た時に、手荷物として色々持ってきてもらってます(笑)


最後まで読んで頂きありがとうございます!

ランキングに参加しているので、クリックして頂けるととても嬉しいです。

http://overseas.blogmura.com/jakarta/ranking.html