読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変わり者妻のジャカルタ徒然草

ジャカルタに来てから約1年半。 日々の生活で感じる、日本との文化の違いや新鮮、斬新に感じること等の備忘録として。また、快適に暮らすために今まで考えてきたことを書き起こし、少しでもお役に立てたらと思い。

“雇用する”のも楽じゃない。けど勉強にはなる① ~女性同士のイジメ?編

メイドさん・シッターさんを雇うと、私は彼らから裏でこう呼ばれます。

”BOSS"

ただの主婦なのに、経営者になった気分~!!なーんて。

でも、雇っているのは事実ですし「雇う側も色々考えてるんだろうな…」と思う点もあり、勉強になります。

具体的な点を少しずつ。

 

その1:メイドさんとシッターさんの喧嘩にみる、人間関係問題

私がジャカルタに来て間が無く、まだまだメイドさんと沢山話すことがあった時の

話です。

我が家のメイドさんとシッターさんは、実は従兄弟同士で家もすぐ近所。

メイドさんにシッターさんを紹介してもらったのです。

ある日、メイドさんが私に言いました。

「シッターが私を無視してくるので、一緒に家にいると気まずいです…」

と。原因として思い当たる節は?と聞くと、どうやら個人的な問題(親族問題?)のよう。

シッターに注意しようか?と聞くと、余計怒りそうだから止めて欲しいと言われる。

「そりゃ無視してくるシッターの方が悪いけど、貴方は仕事しにココに来てるんだよね?シッターと会話すること特に無いよね?そのうち直るだろうから、それまで我慢して。」

と言いました。

 

実は、私が以前勤めていた職場に、曰くつきのお局様がいて、彼女との人間関係に悩み会社を辞めた女性は数知れず。そして私も彼女に悩まされたうちの1人でした(辞めなかったけど)

私も、メイドさんのように相談したこともありました。

もちろん上司は女性間の問題に気付いていたし、話を聞いてくれましたが、どこかでこう思っていたと思うのです…

「めんどくせーーーーーー!!!!」

今回、私も似たような気持ちになってしまいました。

しかも、1日10時間近く同じ場所で拘束されているならまだしも、1日3時間しか働かない上に、無視してくる相手と時間が被ることもあまり無いのに…

とはいえ、女性同士の人間関係って結構ドロドロだし、辛いことも分かるので、

なんとも複雑な気分でした。

でも結局「だったら仕事に集中して、気にしないように」とか言うしか出来なくて。

私にはシッターさんも必要だし、特に辞めさせる理由も無いし。そもそも紹介してくれたのメイドさん…(笑)

 

結局、シッターさんの無視は数カ月程続いてましたが、いつの間にか直っていました。

メイドさんも、一度相談してきたきりだったので良かったです。

 

昔会社勤めをしていた時のことを思い出し、その時の上司の気持ちが少し分かった気がします。

女性同士の人間関係。良好な時は本当に良いのですが、

マウンティングだったり、仲間外れとか無視とかしてくる人は、幼稚で嫌になりますね。