読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変わり者妻のジャカルタ徒然草

ジャカルタに来てから約1年半。 日々の生活で感じる、日本との文化の違いや新鮮、斬新に感じること等の備忘録として。また、快適に暮らすために今まで考えてきたことを書き起こし、少しでもお役に立てたらと思い。

メイドさん、ベビーシッターさんは必要か?①メイドさん編

ジャカルタ生活のイメージの1つと言えばコレ。

「メイドさんいるんでしょ~?いいなぁ~」

 

実際はどうなんでしょうか?そもそもメイドさん、シッターさんって必要なのでしょうか?

メイドさんを雇うことのメリット・デメリットについてまとめてみました。

注)あくまで私の主観です。

 

一軒家や広いアパートに住んでいる人が多い、

インドネシア人・欧米人は、住み込みで雇っているケースが多いです。

メイド部屋もありますし、他人がいてもあまり気にならないようです。

一方日本人は、通いで来てもらっている人が多い印象です。

意外と、雇っていない人もいます。

私の考えは「雇った方が良い」です。なぜかというと…

①当然ながら、家事をやらずに済むから、自分の時間が出来る。

(我が家は週5で3時間来てもらっています。主な業務内容は、食器洗い・洗濯・掃除全般・アイロンがけ)

小さい子供がいることもあり、食器類は煮沸消毒、洗濯物も消毒・消臭を兼ねて全てアイロンかけしてもらっているので、とても助かります。

(このおかげかは分かりませんが、病院のお世話になることは滅多に無いし、

お腹壊すことも無いです)

②業者が来る際に、代わりに対応してもらえる

ジャカルタ生活では、想像以上に色んな業者が家に出入りします。

主なところでも、

・エアコン修理、掃除(我が家はしょっちゅう水漏れするので、2か月に1度は来るかも)

・その他諸々の修理

・ガス交換(プロパンガスの家が大半のため)

・水配達

・害虫駆除

業者も、日にちは守ってくれど、割と適当な時間に来ることが多いので、

その都度家にいなければいけないのはやはりストレスです。

③(②に鑑み)男性、特に知らない人と2人きりにならずに済む

昨年、1人暮らしの日本人女性が、自室でアパートの警備員に殺害されるという、

痛ましい事件が起こりました。

この事件の教訓の1つが「なるべく2人きりにならないようにすること」ではないかと

思うのです。

密室で男女2人きりって、色んな意味で危険だと思うんですよね…

女性は腕力で男性に勝てないですから。何かあってはもう遅いです。

④インドネシア語の上達が早くなる。ローカルの文化を知ることが出来る

いくら語学教室に通っても、日々の生活で使わなければすぐに忘れてしまいます。

私は、ジャカルタに来たての頃、信頼関係を築くという意味でも、

積極的にメイドさんに話しかけるようにしていました。おかげで言葉の上達も早かったように思います。

でも、話す内容には気をつけないといけないです。あくまで世間話や、インドネシアについて色々聞いてみる程度が良いと思います。

 

もちろんデメリットもあります。

①思った通りに仕事をしてくれない

言葉の壁等があることを考えると、ある程度は仕方ないです…

「しょっちゅう携帯いじってる」とかは注意すべきですが、

基本的に綺麗になっていれば良いのではと思います。 あまりに酷い場合は、メイドを

代えた方が良いと思いますが、もしメイドがさぼりがちなのであれば、

同じアパート等周りの相場を聞き込みして、給料を見直す必要もあるかもしれません。

「お金に見合った仕事しかしない」という考えが強い人が多いです。

②他人を家にいれるのが嫌

貴重品は、セーフティーボックス(色んな所にあるホームセンター”ACE”に売ってます)に入れて対策を。

物やお金を盗られたことは無いです。

たしかに最初は抵抗がありましたが「ホテルのお掃除の延長のような感覚」と思うことにしたら、すぐ慣れました。

③1人の時間を邪魔されたくない

子供が幼稚園に行くようになり、やっと1人きりになれる…っと思った矢先に、

メイドさんが来ると、思うようにリラックス出来なかったりして。。。

今は時間をずらして来てもらっています。