読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変わり者妻のジャカルタ徒然草

ジャカルタに来てから約1年半。 日々の生活で感じる、日本との文化の違いや新鮮、斬新に感じること等の備忘録として。また、快適に暮らすために今まで考えてきたことを書き起こし、少しでもお役に立てたらと思い。

ジャカルタで何語を使う?

引越しが決まった時、まず不安になることの1つが言葉の問題。

私は英語苦手なので尚更感じました。

インドネシア語勉強すべき?それとも英語でいける?さすがに日本語だけじゃダメ??

 

結論から言うと…(あくまで主観ですが!!!)

【インドネシア語】

ある程度不自由なく暮らしたいなら、日常会話程度は覚えた方が良いです。意思の疎通が出来れば、当然大なり小なりトラブルも減りますから。

買い物はもちろんのこと、車使う時、メイドさんやシッターさんを雇う場合、

業者呼んだり(←コレ、結構多いです)お店予約したりと、なんだかんだで日常生活で使います。

 

【英語】

日本人以外の友達を作りたい場合、子供をインターナショナルスクールに入れたい場合等は必須。

インドネシア人も、子供のスクール等で知り合う人等は富裕層が多く、英語ペラペラな人ばかりなので、英語を使う機会は意外と多いです。

病院も、ドクターは英語ペラペラなので、基本英語でいけます。

メイドさんやシッターさんの中には、英語話せる人もいますが、その分賃金が割高だったりします。

仕事でも、オフィスで働くインドネシア人は、英語出来る人が大半ではないでしょうか。

反対に、上記の環境でなければ、英語はあまり出番がないと思います。

 

【日本語】

ジャカルタには日本人が沢山います。

日本人学校をはじめ、日系幼稚園もいくつかありますし、日本語が通じる病院もあります。

日本食スーパー「papaya」なら、全て日本語表記でバッチリ。そこでフリーペーパー「さらさ」「南極星」等を手に入れれば、日本語で沢山の情報が得られます。「lifenesia」には、様々なコミュニティが載っているので、これらを通して知り合いも容易に作れます。

更に、色んな方々がブログを書いて下さっているので、それらを参考にされるのも良いと思います。

「日本語以外は無理!!ホント無理!!」って方でも、

不自由は感じるかもしれませんが、充分暮らしていける環境がジャカルタにはあります。

 

私の場合、ジャカルタに来る前にインドネシア語を少し覚えたおかげで、幸い、最初からあまり不自由を感じずに暮らすことが出来ています。  

初めての壁は、インドネシア語でなく英語でした。

子供の習い事絡みで行った先は、インドネシア人か欧米人しかおらず。

英語で話しかけられてるのに、何故かインドネシア語が口から出てしまって、お互いに困惑(笑)

でも、折角のチャンスなので、

「インドネシア語勉強したら、英語をすっかり忘れちゃって〜(本当は元から苦手なだけ)」

なんて言いながら、少しずつ英語で会話する機会を増やしていきました。

今では、こんな私に話しかけてくれたり、誘ってくれる友人達が出来て、楽しみながらも日々英語と戦ってます。

でも、高いお金払って英会話教室行くくらいなら、この方がずっといい気がする。

インドネシア語にしても英語にしても、こんなに話す機会は日本で得られないと思うので、とてもありがたいです。